ピュアリで占い師デビューしてみましょう!

電話占い師について

電話占いの占い師って稼げる?収入は?


時間を有効活用しながら稼げる、人の悩みの解決する仕事ができる、などの理由から、最近話題となっている電話占い師のお仕事。
「本当に儲かるの?」と気になる方もいると思います。

電話占い師の収入はどれくらい?


目安で電話占い師の月収は、専業は25〜30万、副業は10〜15万です。本当に人によってピンからキリまでありますがあくまでも目安というふうに考えておいてください。

電話占い師が儲かる理由


電話占い師が儲かると言われる理由は、

  • 給与形態が歩合制・成果主義だから
  • 夜間でも働けるから
  • スマートフォンの普及でお客様が増えているから
  1. 給与形態が歩合・成果主義だから
  2. 普通の会社員の労働時間は、週40時間の1ヶ月で160時間で、給料は基本的には固定給で昇進とともに年功序列的に上がっていきます。(最近は年功序列ではない会社も増えましたが)一方、電話占い師の分給は歩合制なので、働いた分だけ稼げます。
    基本分給は、鑑定料の25〜30%くらいに設定している会社が多く、例でいうと鑑定料が1分200円ならば、分給は50〜60円くらいで、時給に換算するとで3000〜3600円です。後はインセンティブがあったりなどですね。会社員は労働時間の規定がありますが、電話占い師には労働時間の上限はないので本人次第で労働時間関係なく働くことができます。

  3. 夜間でも働けるから
  4. 電話占い会社は、基本的に24時間(あるいは明け方まで)営業。そのため、皆が寝ている夜の時間を有効活用し、効率よく稼ぐことができます。例えば、日中は派遣として働き、夜〜深夜に電話占いをする人もいますね。また、夜に待機するメリットは、夜の方がお客様が多い、夜に待機できない占い師が多いからなど意外と夜の方がニーズがあったりするということでした。お客様が最も多い時間帯は夜10時〜深夜1時ごろです。この時間帯は、人が不安を抱く心理状態になりやすいため、鑑定時間が長くなりやすい、鑑定の依頼が多い傾向があります。一方、夜間に待機できる電話占い師の数は足りてません。ニーズが多い(お客が多い)のに供給(占い師)が足りないので、そういった時間に待機すれば、お客様の予約が入りやすくなります。

  5. スマートフォンの普及でお客様が増えたから
  6. ここまで電話占い師が儲かるようになった背景には、スマートフォンの普及があります。スマートフォンの普及前は、占いは占いの館に行き、行列を並び、ようやく鑑定してもらえるものというイメージでした。ですが今はスマートフォンが普及したことで、自宅や出先など好きな場所から、多くの方が場所や時間にとらわれず、スマートフォンで占ってもらえるようになりました。

    このように電話占い師も簡単ではありませんが稼げる時代になりました。自分らしい働き方ができるよう参考になればと思います。