ピュアリで占い師デビューしてみましょう!

占いについて

占いの種類ってなにがあるの?

占いって種類が多すぎてよく分からないですよね。
今回は占いの占術について調べてみました!

四柱推命


中国で誕生した占術です。
四柱推命の占術は、その難解さとずば抜けた的中率から、古来の中国では帝王の運命学とも言われ、政治の方針や戦争などの重大な判断を下さなければならないときに用いるくらい
四柱推命は命中率の高い占いとされてきました。
現在では、多くの占術家によって四柱推命が研究されており、最も高い的中率の占いの一つといわれています。

易占い


易占いの特徴は、竹串のような細長い棒の束をジャラジャラと混ぜ、そこで占いの情報を読み取るというものです。(厳密には竹串ではないみたいですが)
一昔前アニメなどに登場していた、いわゆる街角の占い師さんスタイルです。易占いとは、棒で行うタロット占いのようなものです。
まず、占ってほしい方から悩みや相談を聞き、易占い専用の道具として、手に持っている竹串をランダムに割って、余った数字を計算し、答えを導き出す方法です。

六星占術


六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて、それぞれの運命星を持った人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼ぶ。それぞれの人の運命星は、生年月日によって算出された運命数、星数により決まる。運命星によりその人の占命盤が描かれ、これをもとに占いが行われる。

西洋系占い


西洋星占術は世界中で最もポピュラーな占いかもしれないです。生年月日、出生時間、場所のデーターをホロスコープにして星との関係を見ながら占う。データが整っていれば、緻密な占いができます。

タロット占い


単にタロット占いと言っても、その占い方は千差万別。タロット占いに正解は無いと言われるくらいです。タロットカードの種類も豊富で、占者によってかなり違ってくるようです。タロットは、あまり長いスパンで占う事は苦手。近い未来、過去の占いのほうが適しています。
基本的には不思議な独特の図像の描かれた78枚のカードで構成される1組のカードセットです。
それは人の普遍的な特徴的性格、すなわり元型を擬人化した22枚の大アルカナと、わたしたちが日常生活で遭遇するさまざまな出来事、人々、性格、考え方、感情を表す56枚の小アルカナから構成されています。ちなみにアルカナとは、ラテン語で秘儀を意味します。
余談ですが、海外ではタローやタロッキなんて呼ばれています。

いかがでしたでしょうか?これを気に自分が知りたいポイントを絞って占うといいかもしれませんね♪